スウェーデン大使館東京都, 日本

東京、日本のスウェーデン大使館へようこそ。

日本時間 東京都
7:51

経団連とスウェーデン経済界の重鎮「持続可能性、エネルギー、デジタル化、食品、フィンテック分野で協力を」

2021 3 23

2021年3月16日、経団連とスウェーデンのビジネスリーダーはオンライン会議を開催し、今後の共通の機会と課題について話し合いを行いました。

スウェーデン側からはフレドリック・パーション氏(スウェーデン企業連盟会長)、イルヴァ・ベリ氏(ビジネススウェーデンCEO)、ヤコブ・ヴァレンベリ氏(スウェーデンの投資会社インベストール会長)が参加し、経団連ヨーロッパ地域委員会委員長の越智仁氏(三菱ケミカルホールディングス社長)、同委員長の佐藤義雄氏(住友生命保険会長)と議論を交わしました。この会議には在スウェーデン日本大使、在日スウェーデン大使も参加しました。

両国のリーダーは多くの共通課題があることを認識し、特に多国間主義、WTO(世界貿易機構)、そしてEU経済連携協定など地域自由貿易協定の重要性で一致しました。また、コロナパンデミックやブレグジットによる経営環境の変化など、双方の企業経験も共有されました。日本側からは、高齢化、気候変動、エネルギー不足の課題に対応するため、AIやIoTを活用するSociety5.0についてのプレゼンテーションが行われました。

今後の協同体制についても議論され、特に気候変動や持続可能性、エネルギー貯蔵(水素および電池)、デジタル化、食や農業、フィンテックの分野での協力を強化することで合意しました。また、これらの具体的な実現にむけて、スウェーデンと日本の両国においてフォローアップをすることになりました。